Posts from ‘11月, 2009’

今年も開催決定「センター英語で190点とる会」

  立志塾高校部の年末恒例となりました「センター英語で190点とる会」。今年も実施することになりました。 今回も一般参加(塾生以外の参加)OKです。  昨年・一昨年は、愛知や静岡、滋賀からの参加者もいました。(2日間でしたから泊まりで来ていただきました) 詳しくはこちらから高校部冬期講習会のご案内            以下の写真は昨年の特訓会の様子です。                       年末の2日間、朝から晩までぶっ続けのこれはもう「訓練」。             受講ご希望の方はお早めに立志塾までご連絡ください。フリーダイヤル0120-920-577 こちらのメールフォームからでもお申し込みいただけます。※メールフォームの場合、ご希望内容に「受講お申し込み」、講座内容に「その他」を選択し、右の枠に「センター英語で190点とる会受講希望」と入力ください。 本日よりお申し込み受付が開始しています。定員になりましたら受付を締め切らせていただきますので、お早めにどうぞ。             写真は今日の高3生の生徒達、            授業(センター現代文解く会)が始まる前、稲垣先生と1Fのエントランスフロアで歓談中。ここで食事をとったりもします。   

冬期講習会の詳細が決まりました

   今年度の冬期講習会の案内を掲載いたしました。                     受講をご検討の方には夏期の各体験授業をうけていただけます。 募集内容(現在体験授業受付中です)

  ●可児校中学部(中1〜中3)5日間の無料体験授業実施中
 ●可児校高校部(高1〜高3)1週間の立志塾まるごと無料体験授業実施中 各学年とも定員になりましたら申込受付を終了させていただきます。受講ご検討の方はお早めにお電話ください。     

冬期講習会へ向けて

                       昨日の中学部は中2英語と中1数学。                      各中学校の期末テストも終わり、それぞれテストも徐々に返ってきています。                       その結果も踏まえながら各先生はこれからの授業構築、そして次の冬期講習会の準備へシフトしていきます。  今年度の冬期講習会について徐々に問い合わせをいただいております。詳細についてお待たせいたしておりますが、昨日各ご家庭にご案内を郵送いたしましたので、ご確認の程お願いいたします。 また、明日29日(日)の朝刊には冬期講習会の案内広告が入りますのでぜひご覧下さい。   

定期テスト前の高校生

                       来週から定期テストが始まる高校生。               この時期ばかりは一部の授業もストップしてテスト勉強に集中。 高3生は、定期テストであれ、自分の受験科目であれば、範囲の勉強が即受験勉強になる。少しもムダにできない。                       高3理系数学、稲垣先生は授業を行いました。授業後の生徒からの質問。今いま書かれた白版を前に。                質問ブースでも。                 話は数学から物理、そしてセンター試験までおよび、さらには稲垣先生が通う名古屋大学について熱弁。現役大学生の話はやっぱり興味があるんでしょうね。     

速算部屋番付決定戦が始まりました

  本日より、立志場所番付決定戦が 始まりました。                      この競技は、乗算・除算・見取り算各5分、見取り暗算3分 という内容。              つまり検定とは違い、 短時間でレベル別の競技を行うという、 毎年おこなわれているコンクールと同じ内容です。               コンクール方式の練習にもなるこの月例「立志部屋番付決定戦」。 来週の番付発表が楽しみですね。    

速算部屋月例大会目指せ横綱!!

                       本日は速算教室の珠算・暗算検定の日。               こちらは3級以上の上級組の検定試験の様子。              上級試験は2ヶ月に1回の開催。チャンスも少なく、合格にかける気合いも違います。  合格発表は1週間後です。     そして今週の火曜日から速算教室の新しいイベントが始まります。                      毎月最終週(検定試験翌週)に開催します。 名付けて「速算部屋」月例目指せ!!横綱 立志場所、番付決定戦 詳細は以下の通りです。 ●毎月検定実施の次の週に、授業の中で開催します。●初級(10〜7級)、中級(6〜4級)、中上級(3級以上)の 各ランク別で順位を競い、毎月番付を決めます。 競技種目 (時間)乗算   (5分)除算   (5分)見取算  (5分)見取暗算 (3分) 対象は速算教室の生徒全員です。※参加費用は必要ありません。  毎月の実施後、次の週に番付を教室掲示にて発表します。番付と言っても子ども達にはイメージしにくいかもしれませんが、競うことには興味深々です。お楽しみに。  

小学部国語の授業

  小学部授業の様子。今日は国語の授業について詳しくお伝えします。                      小学部の授業開始は、いつものようにGood & New。http://www.sylvan.jp/documentaryps01.html そして国語の生徒は、先生の指示のもとそれぞれの課題図書と向き合います。             ただ読むだけではありません。本の内容が録音された朗読を聞きながら、文字を指と目で追っていきます。 最初はゆっくり、内容をイメージしながら。慣れてきたらパソコンの再生スピードを徐々に上げていきます。                       2倍速、3倍速とスピードを上げることによって、文字を追う速度、脳の中で文字とイメージを処理する速度も上がっていきます。それはもう、脳が鍛えあげられている感覚です。  始めは集中力がもたない子も、徐々に集中できるようになります。 本を読むこと、それは自分以外の他人のいろいろな考え方や見方を学び、心豊かな感性や表現力を育み、日本語のおもしろさや奥深さを学べます。   読んで終わりではありません。インプットの後にアウトプットの訓練。読書後は感想文を書きます。             書いた内容を先生に確認、場合によっては本人の口から説明してもらいます。                       感想文を書く、先生に説明する。こうしたアウトプットと言う目標があることによってインプットの意識も変わります。  それを1年、2年、3年・・・・、確かな日本語力がついてきます。   

高3センター英語対策スタート

                    毎週水曜日の高3生の英語演トレの時間帯がセンター対策特訓、英語の部としてリニューアルして本日スタートしました。                   今後全7回以下のカリキュラムで進めていきます。 第1回:話法・文法・熟語1〜3第2回:対話と応答 1〜2第3回:整序英作文 1〜3第4回:文脈把握 1〜3第5回:資料問題 1〜3第6回:ヴィジュアル読解1〜3第7回:長文読解1〜5                                センターまであと58日。    

火曜日は数学アウトプットデー

  火曜日の高校生は数学のアウトプットデー                      高3生はセンター形式の問題を とことん。                         高2生はチャート式からの出題問題を。  ここでアウトプットすべき問題類は、 この1週間でその範囲内の問題を各自で徹底的に解いてきてから挑むもの。 だから後々の定着が良くなるのです。                             そして、中学生は今日も期末対策。                        一部中学ではいよいよ明日から期末テスト。   最後まで、                          最後まで。  

期末テスト対策大詰め

  土曜日・日曜日も休みなく、そして今日も期末対策が続く。                早い中学では今週から期末テストに突入。                4Fの大教室の壁を取り払い、すべての学年が集合しました。               こちらは中1生。             一部の中2生も自主学習で来塾。  中3生も。              がんばれ。